チョイ待ちニュース

チョイ待ちニュースは、ちょっとした待ち時間がある時などに、何か得することや、困っていること、興味があることなどの情報を発信する2ch、Twitterなどのまとめブログです。


    泣く女子学生(AH86/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    顔に落書きをされ号泣する女子中学生の動画がネット上で拡散され、物議を醸している。

     

    ■額に「卍」、頬には卑猥な言葉

    三重県津市にある中学校に通う中学1年生の女子生徒は、一緒にいた友人の部屋だと思われる場所で、顔に落書きをされている。女子生徒は、額に「卍」、右頬には性的な言葉が書かれ、部屋にある姿見で自分の顔を確認し号泣している。

    落書きをされた女子生徒のほか、3人の女子生徒がいたようだ。泣き続ける女子生徒に向かって、周りの女子生徒はカメラを近づけて落書きアップしたり、書いている文字を歌ったり、冷やかしながら笑っている声が撮影されている。この動画をSNSに投稿し炎上、そして拡散された。

     

    ■学校側は「いじめはなかったと認識」

    女子生徒が通う中学校は、17日に事実確認を行ったという。落書きや撮影をした女子生徒らは「化粧をし合って遊んでいる中で落書きをし、『クレンジングクリームがなくなった』と嘘をつくドッキリだった」と話したそうだ。

    そして、その場でドッキリだと明かして仲直りしたこと、保護者にも説明して納得してもらっていることから「いじめはなかったと認識している」と説明している。

    ■「被害届を出すレベル」「叩かれたりしてないよね?」

    行き過ぎた部分があったとして、関係した生徒らを指導したそうだが、この中学校側の対応には多くの批判が寄せられている。また、女子生徒の頬が真っ赤になっていることに心配する声も。

    「相手が泣いてるんだから、いじめ以外のなにものでもない」

     

    「頬が真っ赤じゃない? 落とそうと思って力強くでこすったのかな、それとも…叩かれてたりしてないよね? どっちにしても胸が痛い」

     

    中学校側、しっかりしてよ。ドッキリだったそうです、仲直りしたそうです、よっていじめではありません、って…殺意覚える」

     

    「人を傷つけたり泣かせるドッキリなんて、素人は一番やっちゃダメでしょ。被害届を出すレベルだよ」

     

    ■イジリはイジメになることも

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「イジりといじめ」について調査を行った。結果、6割以上が「イジりといいながらイジメだと思うことがある」と回答した。

     

    「イジリ」や「ドッキリ」など、やっている側が一方的に「面白い」と勘違いしていることも少なくない。

    学校側は世間体よりも「やっていいこと悪いこと」から伝えるべきだろう。心に傷ついた生徒へのケアも忘れないでほしい。

    ・合わせて読みたい→「いじめ動画」女子生徒の特定や誹謗中傷も 相次ぐ「ネット私刑」に批判の声

    (文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日2017年6月5日
    対象:全国20代~60代の男女1.342名(有効回答数)

    顔に卑猥な落書き、笑い声…号泣する女子中学生の動画が拡散 学校側の言い分に怒りの声


    (出典 news.nicovideo.jp)

    号泣する女子中学生の動画が拡散、学校側の言い分に怒りの声。
    学校側は「いじめはなかったと認識」と・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【顔に卑猥な落書き、笑い声…】の続きを読む


    ローラ ホワイトハウスへ立ち上がる!【辺野古基地 反対】 (動画 有)

    日本人の芸能人ローラが、「辺野古基地 反対」というテーマで
    日本政府と対峙することは、大変有意義なことだと思う。

    NO.7143670
    ローラも辺野古基地反対を呼びかけ バッシングに屈せぬ勇気と信念
    ローラも辺野古基地反対を呼びかけ バッシングに屈せぬ勇気と信念
    辺野古の新基地建設で日本政府が14日から海に土砂を投入する作業を強行したことに対し、反対の声が高まっている。

    なかでも注目を集めているのは、市民がそれぞれの問題意識に基づいてアメリカ政府に直接提言・請願するためのホワイトハウスの請願書サイト「We The People」でおこなわれている、辺野古新基地建設の作業を来年2月24日の県民投票まで停止することを求める署名活動だ。

    この署名には、先日、本サイトでも紹介した沖縄出身のタレント・りゅうちぇるをはじめ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔、ミュージシャンであるASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文や七尾旅人、Base Ball Bearの小出祐介、ソウル・フラワー・ユニオン、俳優のうじきつよしやラサール石井、東ちづる、作家の平野啓一郎、映画監督である塚本晋也や想田和弘など、数多くの芸能人や文化人も協力。

    しかし、こうしたなかでも強い影響力を発揮したと思われるのが、ローラの署名呼びかけだ。

    ローラは18日の朝、インスタグラム内のストーリーにこう投稿した。

    〈We the people Okinawa で検索してみて。美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの..



    【日時】2018年12月19日
    【ソース】LITERA


    【ローラ ホワイトハウスへ立ち上がる!【辺野古基地 反対】 (動画 有)】の続きを読む

    このページのトップヘ