チョイ待ちニュース

チョイ待ちニュースは、ちょっとした待ち時間がある時などに、何か得することや、困っていること、興味があることなどの情報を発信する2ch、Twitterなどのまとめブログです。

    カテゴリ: 球技



    (出典 pbs.twimg.com)


    ハリルホジッチを解任後、大舞台に望む西野ジャパン。

    前評判こそ低いですが、勝負はやってみなければ分かりません!

    是非、自分たちの戦い方をして、勝ってほしい!

    1 風吹けば名無し :2018/06/19(火) 14:01:50.64

    0-7ぐらいで惨敗


    【今日の日本vsコロンビア戦で起こってほしい事】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    内田前監督は、田中理事長の汚れ役もやっていた人物、
    日本大学の闇は深い!

    1 スタス ★ :2018/06/06(水) 20:23:10.15 ID:CAP_USER9.net

    日大アメフト部OBが決*告発「私は内田前監督に裏金1500万円を渡した」
    週刊文春 2018年6月14日号

    5月6日の関西学院大学との定期戦で、宮川泰介選手に悪質タックルを指示したとされる
    日大アメフト部の内田正人前監督(62)。日大アメフト部OBであるA氏が、
    内田氏からの依頼で裏金を渡したことを「週刊文春」のインタビューで明らかにした。

    「私は2004年から8年間にわたり裏金作りを手伝ってきました。
    内田前監督に銀行振り込みや現金手交という形で、1回100~200万円、総額で1500万円を超える
    裏金を渡してきたのです。今回の問題で日本大学アメフト部、さらには日本大学の権力構造について
    様々な問題が指摘されています。これを機にあらゆる膿を出し切って、母校に再生して
    もらいたいという気持ちから、自戒を込めてすべてをお話しすることを決意したのです」

    A氏が裏金工作を持ちかけられたのは、03年に内田氏が監督に就任して間もない頃だった。
    アメフト部に備品などを納入する会社を経営していたA氏は水増し請求によって裏金を作っていたという。

    日大広報部は「本学の施設などの建設、備品購入は、すべて本部管財部が行っており、
    不正購入などの余地はないと判断しております」と回答。内田氏が取材に応じることはなかった。

    6月7日(木)発売の「週刊文春」では、A氏の独占インタビューを5ページにわたって掲載。
    さらに悪質タックル事件の事態収拾にあたる別の常務理事の金銭トラブルも詳報している。

    週刊文春
    http://bunshun.jp/articles/-/7679

    (出典 bunshun.jp)


    【【週刊文春】日大アメフト部OBが決死の告発「私は内田前監督に裏金1500万円を渡した」水増し請求で裏金工作】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    パス回しが悪く、なかなかシュートにつながらない!
    これでは勝てない。

    1 スレ立て代行@ベクトル空間 ★ :2018/06/09(土) 04:50:08.85 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000035-goal-socc

    日本代表は8日、スイスとの国際親善試合で0-2と敗れた。この試合をフランス紙『レキップ』が伝えている。

    ロシア・ワールドカップまで2週間を切った中、FIFAランキング6位の強豪スイスと対戦した日本。
    しかし、チャンスをほぼ作ることができずに完敗。これでガーナ戦に続き、西野ジャパン発足後2連敗、
    いまだノーゴールに終わるなど課題が浮き彫りとなる結果となった。

    この結果を受け、『レキップ』は「スイスは、W杯のプレマッチで日本を支配した」と題し、以下のように伝えている。

    「スイスはたった2本の枠内シュートで2ゴール。スタジアムの観衆は、相手の鈍い反撃を目撃することになった。
    ミランDFリカルド・ロドリゲスのPK、途中交代のハリス・セフェロヴィッチがゴールを挙げた」

    西野朗監督は、試合後「形はできている。あとは決定力」と語っていたが、
    日本代表は本大会を間近に控える中で厳しい状況に陥っている。

    日本代表は、このあと12日に本大会前最後となる親善試合でパラグアイと対戦。そしていよいよ、
    19日にコロンビアとの初戦を迎える。24日にはセネガル、28日にポーランドと対戦する。


    【【サッカー日本代表 スイス戦0-2 完敗!】 フランス紙酷評 「観衆は鈍い反撃を目撃することになった」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    早くベストテンに戻って、勝ち進んでほしい!

    1 豆次郎 ★ :2018/06/01(金) 22:11:18.11 ID:CAP_USER9.net

    [錦織圭]
    21位
    日本
    28歳
    178cm

    [ジル・シモン]
    65位
    フランス
    33歳
    183cm


    錦織圭 3-0 ジル・シモン
    6-3
    6-1
    6-3

    http://live.tennis365.net/roland/2018/16/

    (出典 news.tennis365.net)


    (出典 news.tennis365.net)


    (出典 news.tennis365.net)


    (出典 news.tennis365.net)


    【【テニス】錦織圭がジル・シモンにストレートで勝利しベスト16!!、全仏オープン 3回戦】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    日大理事長に黒い噂が流れている。

    汚れ役を買ってきた元監督の内田氏を切れば、
    日大理事長は「暗部」をバクロされてしまうらしい。

    このような人が、大学のトップに居ること事態、おかしい!

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/05/25(金) 14:51:44.46 ID:eSnCuSR10.net BE:784885787-PLT(15000)


    (出典 img.5ch.net)

    内田正人監督(62)による指示の有無が焦点となっている日大アメフト部の“悪質タックル”問題。
    週刊文春では内田氏の最大の後ろ盾であり、
    日大の最高権力者である田中英寿理事長を直撃しました。

     田中理事長は日大相撲部出身で、現役時代はアマ横綱として活躍し、1983年に日大相撲部監督に就任。
    指導者として舞の海や野球賭博で追放された元大関・琴光喜などを育てました。
    今では角界に逸材を送り込む“アマ相撲界のドン”として君臨し、日本オリンピック委員会(JOC)の副会長なども
    歴任しています。

     理事長としての見解を聞くと、田中氏は「俺、知らないもん、全然」「フットボールなんてルールも知らないし」などと
    答えました。
    http://giantskyojin2chmatome.blog.jp/archives/9461603.html
    日大アメフト悪質タックル問題・週刊文春の【日大の田中英壽理事長直撃映像】

    (出典 Youtube)


    【【大ボス】日大理事長、パチンコ屋から直撃『俺は知らない』『しつこいな!』と巨躯を震わせ記者を恫喝】の続きを読む

    このページのトップヘ