チョイ待ちニュース

チョイ待ちニュースは、ちょっとした待ち時間がある時などに、何か得することや、困っていること、興味があることなどの情報を発信する2ch、Twitterなどのまとめブログです。

    カテゴリ:社会・出来事 > 報道関係



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    「記事では『記者』とありますが、実際に目撃したのはアジア大会の取材に派遣したカメラマン。なぜその場にいたのかということは社内でも聞き取りされており、本人は“(報道関係者と)メシを食いに行っていただけ”と話しています。そこで日本代表選手を見つけたため写真も撮って交渉のやり取りも聞いていたということです。カメラマンの“身の潔白”が証明できたからこそ、記事になっているのだと思いますが……」

    そこで、日本代表選手を見つけたのなら、そして、まずい行為と分かっていたのなら、
    何故、一日本人として止めなかったのか?
    それより報道の方が大事か、見識を疑う。

    1 スタス ★ :2018/08/27(月) 00:16:10.47

    「JAPAN」のロゴに日の丸が入ったTシャツを着て、ジャカルタ(インドネシア)の歓楽街で交渉して女性とホテルに行き、1人あたり約9000円を払って買春行為に及んだ──。

     そんな不適切行動があったとして、バスケットボール日本代表の4人が20日の会見で謝罪した。
    ジャカルタで開催中のアジア競技大会から“自腹帰国”となったうえ、代表認定も取り消し。日本バスケットボール協会の処分が出るまで謹慎となった。

     メダルラッシュに沸く日本選手団の“汚点”が繰り返し報じられる一方で、記者の間にも動揺が広がっていたという。全国紙のスポーツ担当記者が言う。

    「“公式ウェアで”という点では言語道断ですが、取材している記者にも4人が行った歓楽街を体験取材した者もいる。
    ある社はアジア大会の記者団に、“我々取材団も心するように”と注意メールを騒動後すぐに送っていました」

     今回の不祥事をスクープした朝日新聞は、朝刊より先に電子版で19日深夜に「バスケ代表をJOC処分へ アジア大会中、深夜歓楽街へ」と報じた。
    記事では〈17日午前1時ごろ(中略)歓楽街「ブロックM」にあるカラオケ店の前で店側と交渉しているところを朝日新聞の記者が目撃〉とあった。

     ところが、その“状況解説”によって、午前1時に「女性を連れ出すことができるカラオケ店」のある歓楽街にいた記者は何をしていたのか──という疑惑も持ち上がってしまったのだ。
    朝日新聞関係者はこう話す。

    「記事では『記者』とありますが、実際に目撃したのはアジア大会の取材に派遣したカメラマン。
    なぜその場にいたのかということは社内でも聞き取りされており、本人は“(報道関係者と)メシを食いに行っていただけ”と話しています。
    そこで日本代表選手を見つけたため写真も撮って交渉のやり取りも聞いていたということです。カメラマンの“身の潔白”が証明できたからこそ、記事になっているのだと思いますが……」

     朝日新聞に「目撃記者」が何をしていたのか問い合わせると「取材に関することは、お答えしかねる」(広報部)という。

     深夜の歓楽街での熱心な取材がスクープに結びついたのは間違いないようだ。

    バスケ日本代表の買春現場を報じた朝日記者はそこで何を?
    http://news.livedoor.com/article/detail/15213151/


    【【マスメディア】バスケ買春現場を報じた朝日新聞記者、実は「カメラマン」更に疑惑も「報道関係者と食事しに行っただけ」】の続きを読む



    (出典 lh3.googleusercontent.com)


    2014年、朝日新聞が80年代から90年代にかけての従軍慰安婦関連の報道を取り消すと発表したが、
    Googleなどの検索結果に出てこないよう、
    「noindex」のタグが、埋め込まれていることが話題に!
    姑息ではないか?






    1 (^ェ^) ★ :2018/08/23(木) 17:52:57.37

    https://www.excite.co.jp/News/it_g/20180822/Slashdot_18_08_22_050206.html

    2014年、朝日新聞が80年代から90年代にかけての従軍慰安婦関連の報道を取り消すと発表したが、これを英語で伝える記事「Testimony about 'forcible taking away of women on Jeju Island': Judged to be fabrication because supporting evidence not found」にはGoogleなどの検索結果に出てこないよう「」タグが埋め込まれていることが話題になっている(Togetterまとめ)。

    なお、朝日新聞ではほかの訂正・謝罪記事などでも同様のタグが埋め込まれており、訂正・謝罪記事については検索できないようにするという方針があるのかもしれない。


    【【マスコミ】朝日新聞、訂正・謝罪記事に、Googleなどの検索結果に出てこないように「検索避け」を設定していた】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    独特な語り方で、解説をされ、つい最近まで、お元気だったような・・・
    分かりやすい解説ありがとうございました。
    ご冥福をお祈りいたします

    1 ストラト ★ :2018/05/15(火) 22:07:47.35 ID:CAP_USER9.net

    毎日新聞社特別編集委員でニュース番組のコメンテーターなどを務めた岸井成格(きしい・しげただ)さんが15日、肺腺がんのため自宅で死去した。
    73歳。
    後日、お別れの会を開く。

    東京生まれ。1967年慶応大法学部卒。
    同年毎日新聞社入社。
    ワシントン特派員、政治部長、論説委員長、主筆などを歴任した。

    コメンテーターとして、TBS日曜朝の情報番組「サンデーモーニング」などテレビやラジオなどに数多く出演。
    2013年から16年までTBSの夜のニュース番組「NEWS23」では、ニュースを分析し、掘り下げて伝えるアンカーを務めた。
    分かりやすい解説と歯に衣(きぬ)着せぬ発言で定評があり、14年には優れたテレビ作品などに贈られる「橋田賞」を報道番組の解説者として受賞した。
    16年にはTBSと専属契約を結んで「スペシャルコメンテーター」に就任した。

    著書に「大転換 瓦解へのシナリオ」「議員の品格」、主な共著に「政変」「政治家とカネ」などがある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000094-mai-pol

    岸井成格さん

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    「サンデーモーニング」岸井成格さん

    (出典 pbs.twimg.com)


    ★1=2018/05/15(火) 21:12:13.23
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526386333/


    【【訃報】毎日新聞社特別編集委員 岸井成格さん死去 73歳 「サンデーモーニング」コメンテーター】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    フジイサナエ氏のコメントは、あまりにひどい!

    憲法が保障する表現の自由の枠を、いとも簡単に
    飛び越えている!

    1 ニライカナイφ ★ :2018/05/12(土) 16:36:55.72

    ◆【大炎上】仮面女子アイドル猪狩ともかさんにライターが心無い発言をして炎上「車椅子アイドルとしての成功がほぼ約束された」

    ホットペッパーグルメやトラベルjpなど複数のサイトで執筆活動をしており、温泉好きなライターとして絶大な支持を得ているライターのフジイサナエ先生(40代女性)が、インターネット上で物議をかもしている。

    ・心無い発言をした?
    強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄損傷によって両下肢まひとなったアイドル猪狩ともかさん(26歳)に関して、心無い発言をしたというのである。
    フジイサナエ先生がTwitterで発言したコメントは以下のとおり。

    ・フジイサナエ先生のTwitterコメント
    「不謹慎かもだけど、半身不随になったアイドルの娘、健康なままなら十把一絡げアイドルで終わりだったろうけど、この先車椅子アイドルとしての成功がほぼ約束されたよなぁ。
    パラリンピックやら24時間テレビやら、引っ張りだこやで。タレントは病気も怪我も仕事の糧になる」

    ・インターネット上の声
    「是非あなたも車椅子になって売れてくださいって言いたいね」
    「四肢を犠牲にしてまで売れたいなんて思うやついるわけないだろ」
    「そいつツイ消ししたうえに『やべぇ炎上しかけたわ』 的なツイしてました 反省ない感じですな」
    「書いていいことと悪いことの区別が付かない奴が、ライターだとかちゃんちゃら可笑しい」
    「冗談でも言って良いことと悪いことがある 人として恥ずかしいですね」
    「なんでこんなひん曲がった事しか書けないんでしょうかね」
    「この人がなれば良かったのにとか思ってしまっても良い仕方ないですね」
    「俺は事故で2年間車椅子生活。歩けてた人が一生車椅子と言われた時の絶望感は知ってる。だから、こんな賤しいクソライターの駄文は、それこそ焚書すべきだと思う」

    ・多くの人たちが不快感を露
    実際に車椅子生活を送ることになり、苦悩した経験がある人も、フジイサナエ先生の発言に対して怒りの反応を示しており、多くの人たちが不快感を露にしている。

    ・笑顔を絶やさなかった猪狩ともかさん
    車椅子生活となった猪狩ともかさんは、車椅子のアイドルだから注目されているわけではない。
    事故後、現実を受け入れようと努力し、アイドルとして「人々に元気を与えよう」と笑顔を絶やさなかったから、いまの人気があるのだ。
    その裏で、本人がどれだけ辛い思いをしているのか、我々は計り知ることはできない。

    猪狩ともか(仮面女子) @igari_tomoka 12:42 - 2018年5月7日
    事故の件で沢山のご心配をお掛けしました。そして温かい声援ありがとうございます。
    【脊髄損傷】と診断され、両脚を動*ことができなくなり、今後は車椅子での生活です。
    受け入れるのに時間がかかりましたが私は元気に生きています。
    詳細読んでくださると嬉しいです。
    https://twitter.com/igari_tomoka/status/993335184253571073

    写真:
    (出典 cdn.buzz-plus.com)


    ※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧ください。

    バズプラスニュース 2018.05.11
    http://buzz-plus.com/article/2018/05/11/igari-tomoka-fujii-sanae/

    ■前スレ(1が立った日時:2018/05/12(土) 14:47:08.76)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526104028/


    【【ネット】事故で障害者になったアイドルに女性ライターが心無い発言をして炎上「車椅子アイドルとしての成功がほぼ約束されたな」】の続きを読む



    (出典 asyura.x0.to)


    林文科相も昼間から、紛らわしい所へ行くなんて、
    思慮が本当に足りない!
    もう少し考えてよ!

    1 名無しさん@涙目です。 :2018/04/25(水) 09:50:23.85 ID:mSEULUdX0.net BE:723460949-PLT(13000)


    (出典 img.5ch.net)

    林芳正文科相の“キャバクラヨガ”通いを文春がスクープ! 前川前次官の出会い系バー問題を糾弾した安倍官邸はどう対応するのか

     明日、またも激震スクープが安倍政権を襲うことになりそうだ。明日発売の
    「週刊文春」(文藝春秋)が、林芳正文科相の“キャバクラヨガ”通いを報じる
    ことがわかったからだ。
    「林文科相のキャバクラヨガ通いがキャッチされたのは、愛媛県から加計学園
    幹部らの官邸訪問記録文書が出てきて大荒れとなっていたさなかのこと。その店は、
    表向きヨガスタジオなのだが、じつはセクシーなサービスをおこなっているらしい」
    (週刊誌記者)
     しかも、林文科相はこの店に公用車で乗り付けたという話も出ており、これが
    事実ならば、国民の税金を“キャバクラヨガ”通いに使っていたことになる。
    信じがたい話だ。
     そして、ここで思い返されるのは、無論、前川喜平・前文部科学事務次官の
    “出会い系バー”通いの際に飛び出した、個人攻撃の数々だ。(略)


    【記事削除後】
    林芳正文科相の“*通い”報道の記事についてお詫びし削除します。

     昨日4月24日に本サイトで「週刊文春」が林芳正文科相の“*通い”“キャバ
    クラヨガ通い”をスクープしたとの記事を配信しましたが、記事内容に不正確な
    点がありましたので、記事を削除してお詫びいたします。
     当該記事は、昨日午前中に「明日発売の週刊文春が林芳正氏の“性*通い”
    を報道する」という情報をキャッチしたことに端を発するものです。その後、
    複数の週刊誌関係者や政界関係者に取材し、林氏が通っているのが「表向き
    ヨガスタジオなのだが、じつはセクシーなサービスをおこなっている」店で、
    そのお店に通うのに「公用車を使っている」との情報を得ました。
     この時点では、「週刊文春」の記事の現物を確認できず、店舗名などの
    具体的な情報も入手していませんでしたが、記事が出るとの複数の証言が
    あったこと、さらには安倍官邸が前川喜平・前文科事務次官の出会い系バー
    通いをあれだけ激しく罵倒しながら、同じ文科省のトップにこうした閣僚を
    起用している問題や、この報道に対する安倍政権の対応を予測することには
    公益性があると考え、配信に踏み切りました。(略)
    リテラ編集部

    http://hayabusa9.5ch.net/news


    【【パヨク悲報】リテラ「林文科相のキャバクラヨガ通いを文春がスクープ!」⇒ 記事削除します。安倍のせい】の続きを読む

    このページのトップヘ