チョイ待ちニュース

チョイ待ちニュースは、ちょっとした待ち時間がある時などに、何か得することや、困っていること、興味があることなどの情報を発信する2ch、Twitterなどのまとめブログです。

    カテゴリ:球技 > サッカー


    『クラブワールドカップ』鹿島アントラーズに勝機あり!(動画 有)


    鹿島vsレアル、世界紛糾の“ラモス退場回避”に再脚光 スペイン紙「レッドカードを瓶詰め」 鹿島vsレアル、世界紛糾の“ラモス退場回避”に再脚光 スペイン紙「レッドカードを瓶詰め」
    …16年クラブW杯で注目を浴びたレアルDFラモスのプレーと主審の判断 FIFAクラブワールドカップ(W杯)準決勝、鹿島アントラーズ対レアル・マドリードは…
    (出典:サッカー(Football ZONE web))



    (出典 newskei.com)


    19日(日本時間20日1時30分~)のFIFAクラブ・ワールドカップ準決勝、鹿島アントラーズ対Rマドリード。
    もちろん、世界的に見れば混沌のRマドリードが大会3連覇に向けて初戦でどのようなパフォーマンスを見せるか、という部分により多くの注目を集めるだろう。

    しかし、アジア王者の鹿島も“白い巨人”撃破へ虎視眈々だ。
    スペイン誌記者は、鹿島アントラーズに十分勝機あり・・・としている。

    【『クラブワールドカップ』鹿島アントラーズに勝機あり!(動画 有)】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    ベルギー戦には惜しくも敗れたが、海外メディアが日本人選手を
    高く評価してくれるのは、正直うれしい!

    1 豆次郎 ★ :2018/07/03(火) 13:14:10.79 ID:CAP_USER9.net

    7/3(火) 12:13配信
    伊メディア柴崎岳&乾貴士を絶賛「なんてクオリティだ」川島には酷評「2失点の責任」

    2日のロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦、日本はベルギー戦で2-3の逆転負けを喫した。イタリアメディア『ユーロスポーツ』は、日本のMF柴崎岳およびMF乾貴士を高く評価した。

    ベスト16に進出した日本は2日、ベルギーと対戦。MF原口元気と乾によるスーパーゴールで先制しながら、2-3で逆転負けを喫し、悲願のベスト8進出を逃した。だがイタリアメディアは、「シバサキ、なんてクオリティだ」との見出しで4戦連続の先発出場を果たした柴崎を称賛。「日本では、イヌイとシバサキが最上級だった」と綴り、乾にも賛辞を送っている。

    柴崎には、チーム内最高評価となる「7」が与えられた。「彼は“日出ずる国のピルロ”と呼ばれる。ニックネームはともかく、確かなことは、ヘタフェの新MFがクオリティのある選手であるということだ。日本代表の攻撃で、面白いボールを何度も供給していた。ハラグチの先制点へのアシストは、ファンタスティックだった」

    続いて乾にも、柴崎と並ぶ「7」の評価が下されている。「ラインの間でファンタスティックだ。ベルギー守備陣全体が彼にあたふたしていた。2-0のゴールは偉大だった。残念なのは、彼をベティスが獲得してしまったこと。夏の移籍市場では、彼の名前でにぎわったかもしれないのに」と綴り、W杯開幕前に、ベティス移籍が決まっていなければ、争奪戦が起こっていた可能性を示唆した。

    一方、GK川島永嗣には、チーム内最低となる「5」の評価が下された。「何度かセービングは見せたが、ベルギーの1点目および2点目は彼の責任だ」と綴り、日本の3失点のうち2点が川島のミスによるものだと指摘した。

    また西野朗監督には、川島に次ぐ「5.5」の採点をつけ、「ゲームプランは完ぺきだった。69分までは『10点』の出来だった」として、途中までは完ぺきであったことを称えた。「だがそのあと交代を忘れてしまった。彼のチームは消耗しきっており、信じられない逆転劇を許した」と終盤の采配に厳しい見解を示した。



    『ユーロスポーツ』の日本代表の採点は、以下の通り。

    監督

    西野朗 5.5点

    GK

    1 川島永嗣 5点

    DF

    5 長友佑都 6.5点

    19 酒井宏樹 6.5点

    3 昌子源 6.5点

    22 吉田麻也 6.5点

    MF

    7 柴崎岳 7点

    16 山口蛍 5.5点

    8 原口元気 6.5点

    4 本田圭佑 6点

    10 香川真司 5.5点

    14 乾貴士 7点

    17 長谷部誠 6点

    FW

    15 大迫勇也 5.5点

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000013-goal-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2018/07/03(火) 12:19:32.75
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530587972/


    【【サッカー】伊メディア柴崎岳&乾貴士を絶賛「なんてクオリティだ」川島には酷評「2失点の責任」】の続きを読む



    (出典 i1.wp.com)


    リポーターの合図で盛り上がり、ご苦労様で、はい終了!

    【【テレビ局ヤラセ問題】サッカー日本代表で騒ぐ若者はテレビのヤラセだった 証拠映像がツイッターで340万回以上再生】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    ハリルホジッチを解任後、大舞台に望む西野ジャパン。

    前評判こそ低いですが、勝負はやってみなければ分かりません!

    是非、自分たちの戦い方をして、勝ってほしい!

    1 風吹けば名無し :2018/06/19(火) 14:01:50.64

    0-7ぐらいで惨敗


    【今日の日本vsコロンビア戦で起こってほしい事】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    パス回しが悪く、なかなかシュートにつながらない!
    これでは勝てない。

    1 スレ立て代行@ベクトル空間 ★ :2018/06/09(土) 04:50:08.85 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000035-goal-socc

    日本代表は8日、スイスとの国際親善試合で0-2と敗れた。この試合をフランス紙『レキップ』が伝えている。

    ロシア・ワールドカップまで2週間を切った中、FIFAランキング6位の強豪スイスと対戦した日本。
    しかし、チャンスをほぼ作ることができずに完敗。これでガーナ戦に続き、西野ジャパン発足後2連敗、
    いまだノーゴールに終わるなど課題が浮き彫りとなる結果となった。

    この結果を受け、『レキップ』は「スイスは、W杯のプレマッチで日本を支配した」と題し、以下のように伝えている。

    「スイスはたった2本の枠内シュートで2ゴール。スタジアムの観衆は、相手の鈍い反撃を目撃することになった。
    ミランDFリカルド・ロドリゲスのPK、途中交代のハリス・セフェロヴィッチがゴールを挙げた」

    西野朗監督は、試合後「形はできている。あとは決定力」と語っていたが、
    日本代表は本大会を間近に控える中で厳しい状況に陥っている。

    日本代表は、このあと12日に本大会前最後となる親善試合でパラグアイと対戦。そしていよいよ、
    19日にコロンビアとの初戦を迎える。24日にはセネガル、28日にポーランドと対戦する。


    【【サッカー日本代表 スイス戦0-2 完敗!】 フランス紙酷評 「観衆は鈍い反撃を目撃することになった」】の続きを読む

    このページのトップヘ